エジソンくんの説明 ホーム イラストレーションメニュー デザイン リンク プロフィール コンテンツ
[UXキャラクター4]

UX新潟テレビ21マスコットキャラクター『ゆぅちゃん&ゴーちゃん』のキャラクターデザインをやらせていただきました。

2010年4月3日新潟駅南にオープンした『UX-LEXN-STUDIO』通称『UXレクスタ』の公開番組に着ぐるみも登場しました。

ディレクターきどりの『ゆぅちゃん』と手足の車輪でどこへでも行く『ゴーちゃん』のコンビキャラクターです。普段はテレビやパソコンに潜んでいて、気が向くと表に飛び出し遊び回る、ちょっといたずら好きな『デジタル生命体』です。

◎UXキャラクターは1993年にデジタル幼児玩具のキャラクーとして考えた『mupmap』が一番最初の元になっています。

◎3D画像で着ぐるみの粘土原型の修正依頼。
◎粘土原型を作っている方に修正してほしい所を的確に伝えなければいけないのですが、やり取りはメールだけなので細かいニュアンスが伝わりにくいのが問題です。そこで、その頃できていた3Dイラストと重ねて見せて違いを目でわかってもらうことにしました。こんな感じです。真ん中が両方の合成画像です。今回苦労したのは目の部分です。ここが変わることでキャラクターのイメージががらっと変わります。目のサイズなどを変えてもらい、なるべくかわいく見えるようにします。
キャラクターデザインから着ぐるみ制作までを大公開-4
◎3Dイラスト制作の話は・・・次のページで(笑)
きぐるみデザイン|テレビ局キャラクター|修正スケッチ
テレビ局キャラクター|イメージキャラクター|きぐるみデザイン
◎公開番組で初めて見た、ゆうちゃんとゴーちゃんの着ぐるみ。
◎最終的にでき上がったのはぎりぎりで、できあがりは直接レクスタの公開番組で見ることに。
2010年4月5日にUXレクスタで行われた『昼どきキンコンカン』の公開生中継を見学に行きました。思った以上にでかいというのが第一印象。ただ、自分でデザインしたキャラクターが動いているのにはちょっとした感動がありました(笑)
 番組は開けっ放しのンサテライトスタジオで、とても自由な雰囲気です。CMの時などは司会者の人が参加者を笑わせたりして、なかなか楽しい現場でしたた。ゆぅちゃんとゴーちゃんも登場して愛嬌を振りまいていました。下の写真は公開番組での一コマです。
UXキャラクター|ゆぅちゃんゴーちゃん|きぐるみ
◎プニプニの表面を触ってみる子供達
◎ということで着ぐるみ制作はなんとか間に合いました。中に入って動かしてくれた方お疲れさまでした。さて、次は3Dイラストの制作が残っています。
下への↓
LOOK!
デザイン作品
↓項目をクリックして下さい
UXキャラクター|モデリングUXキャラクター|着ぐるみのデザイン